ナース服は自分に合ったものを~安らぎセンター~

利便性に優れた制服

医療用スクラブとは

ナース

医療用のスクラブというのは、おおざっぱにいうと、看護師さんが着る制服のことですね。(手術室で着る服はここでは含みません)看護師さんが着る服は、かつては白衣オンリーで、見ると緊張したものですが、今は、男性なら水色系、女性ならピンク系と目にやさしい服の色に変わってきています。 スクラブは「ザブザブ洗えて丈夫」だという特徴があります。こちらを採用しようという動きの理由には、看護師さん(男女共に)患者さんの周りで、栄養補給のキャスターを高い位置で持つなど、腕や肩を上げての作業もあります。 現在の医療用の制服は、袖がラグラン袖のように、動きを前提としていないことがあるので、動きの妨げにならないスクラブにしたらどうか、という意見が出ています。また、医療用白衣のリース交換の周期の問題もあります。リース服を毎日一式交換していると、リース代が高額になる、それならば、海外で利用実績のある医療用スクラブを導入して、毎日洗濯すれば衛生上の問題も少ないだろうということです。日本で考案されているスクラブは、院内専用携帯を収納できるポケットがついていたり、吸水速乾性の生地使用など機能的なものが考案されています。

医療用スクラブのトレンドは

医療スクラブとは、お医者さんが手術のときに着るVネックの服のことです。 もともと手術着として定着していた医療用スクラブですが、最近では使い勝手の良さや清潔さから看護師や診察時に着る医師が増えてきています。 医療用スクラブは、白衣やナース服に比べて洗濯が簡単な上、一着2000円から3000円ほどと値段が手頃なものが多いことも、清潔さを求められる医療の現場において普及に一役買っているようです。また昔は医療用スクラブといえば青や緑といった色がほとんどでしたが、最近出回っているスクラブはカラーバリエーションも豊富で、花柄など柄物も多くあります。また、速乾性や制菌性・制電性を備えているなど、機能的にも優れたものが数多く販売されいるのも、医療の現場での医療用スクラブの人気に繋がっているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加